「冨樫のネーミングセンスやべえ・・・」ってなった瞬間